世界の小路 西アフリカ旅行情報ガイドのトップへ

セネガル・ギニア・ニジェール・コートジボワール・ガーナなど西アフリカ諸国を旅行する方へ。入国案内や日本からの行き方や写真・旅行記から綴る海外旅行情報サイトです。


2014年11月19日

写真・旅行記 / ギニア / Guinea 西アフリカ旅行(2/2ページ)

ギニアの国旗・地図・写真


ギニアの写真

ギニアにも線路が 海沿いを空港から市内へ

ギニアと言えばオスマン・サンコンさんですね。サンコンさんのお陰でギニアの印象は良かったのですが、なかなか問題も多い国です。国としては、ボーキサイトをメインとして希少鉱山物を抱えているので、潜在能力は高いと期待されています。それで日本も大使館を置いているんですね。在ギニア大使館はギニアだけを管轄としています。
鉱山物という利権があるためか、周辺国の治安が悪いのが原因か、ギニアの治安は悪化が続いています。空港や警察には注意しましょう。どうしてもマズい状況になれば、賄賂をちょっと使うと解決してしまうのも特徴です。腐敗の手伝いをしてはいけないのですが。
コナクリは海岸地帯で湿気も多く、いつも暑い印象があります。マラリアや黄熱病も発生するので気をつけて下さい。

街中の農業関連資材屋さん 立派な玄関

コナクリで、友人宅に呼ばれました。外で夕食の後に家に呼ばれたのかな?自慢の家を見せようとしたみたいです。彼はアラブ系で、お嬢さんはトルコ人みたいな彫りの深い顔立ちでした。富裕層と貧困層の格差が大きい国だと実感したのを覚えています。夜中にタクシーでホテルに帰ろうとすると、途中の検問で、3人くらいの警官がタクシーに乗り込み賄賂を要求してきました。最近は戒厳令が出たりと物騒になってきています。

アラブの血が入った可愛い子供でした

 

ギニアの旅行記

関連する日記・旅行記

No.07  2001年 07月 01日 ギニア行き飛行機待ち

No.08  2001年 07月 08日 ブルキナからパリへ

No.16  2001年 10月 23日 アフリカ飛行機事情

 


ページトップへ ▲